安室奈美恵の名曲「ROCK STEADY」(安室奈美恵)の意味とは?歌詞を徹底解説!本気を示すための行動が情熱的!

安室奈美恵の名曲「ROCK STEADY」(安室奈美恵)の意味とは?歌詞を徹底解説!本気を示すための行動が情熱的!
3A9E4A51-9EFF-4CC0-8EE4-BA2F674D142D.jpeg
2018年に引退した日本を代表する女性アーティスト「安室奈美恵」。
令和を迎えた2020年9月にも安室さんの故郷・沖縄で第二回目となる『HANABI SHOW』の開催も噂されるほどの絶大な存在感は今もなお語り継がれている。ファッショナブルなMVでも知られている『ROCK STEADY』の魅力を徹底解説!果たして『ROCK STEADY』が意味するものとは?名曲の世界を覗いてみましょう。

安室奈美恵の『ROCK STEADY』。
非常にクールな世界観を打ち出したMVも見逃せません。
歌詞の解説の前にMVで楽曲の世界にどっぷりと浸ってみてはいかがでしょうか。

安室奈美恵 / 「ROCK STEADY」Music Video

sponsored link







MVをご覧いただくとわかりますが、完成度の高いおしゃれでクールな映像が魅力的です。
そこには、どことなくアメリカ西海岸の香りを感じます。
それもそのはず。
このMVで描かれているのは安室奈美恵がアメリカでアーティストとして成功していく姿。
まさにアメリカンドリームを手にする安室奈美恵の姿を観ることが出来るのです。
時代設定もやはり70年代アメリカを反映したものになっています。
ハリウッド映画やアメリカドラマを彷彿とさせる映像は見ごたえ充分。
洗練された映像によって、安室奈美恵の美しさやスタイルの良さが引き立っています。

『60s 70s 80s』は「リメイク」をテーマにヴィダルサスーンとコラボして制作された作品です。
その為、収録された楽曲は全て『Fashion×Music×Vidal Sassoon』のキャンペーンソングになっています。
『ROCK STEADY』のMVもヴィダルサスーンとコラボしていることもあって、とてもファッショナブルな仕上がりです。

ロックステディ(rocksteady)は1966年から1968年の間にジャマイカで流行したポピュラー音楽の一種。スカとレゲエの中間の時代に流行した。

シングル『60s 70s 80s』収録
『ROCK STEADY』は2008年3月に発売された34thシングル『60s 70s 80s』に収録されたナンバー。
安室奈美恵が歌うそれぞれの年代のヒットソングが聴けるスペシャルなシングルです。
60年代からは安室奈美恵がフェイバリットにあげているThe Supremesの『Baby Love』。
このシングルでは『NEW LOOK』というタイトルになっています。
そして、続く70年代から選曲されたのが今回取り上げる『ROCK STEADY』。
この原曲はAretha Franklinが1971年に発表した同名のヒットナンバーです。
80年代からはIrene Caraの『What a Feeling』がフィーチャーされています。

Aretha Franklinの『ROCK STEADY』

Aretha Franklin - Rock steady 1972 (audio remastered)





ロックステディの時代は、コーラスグループの活躍の時代とも言える。ウェイラーズ、ゲイラッズ、キングストニアンズ、トゥーツ&ザ・メイタルズ、パラゴンズ、メロディアンズ、カールトン&ザ・シューズ、テクニークスといったジャマイカのコーラスグループは、しばしばアメリカ合衆国のリズム・アンド・ブルースやソウルミュージックのヒット曲をカバーした。いずれも3人組のコーラスグループであり、同時期にアメリカ合衆国で流行したソウルのコーラスグループ(例えばインプレッションズなど)を参考にして、美しいハーモニーで聞かせるスタイルをとっている。

70年代からピックアップされた『ROCK STEADY』。
Aretha Franklinの同名のヒット曲が、安室奈美恵の魅力が引き立つようにリメイクされています。
この曲のプロデュースやサウンド作りを手掛けているのはDJやラッパーとして知られるMURO。
日本のヒップホップ好きで知らない方はいないのではないでしょうか。
日本語の歌詞は、安室奈美恵の作品でお馴染みのmichicoが担当しています。テーマは「駆け落ち」なのだそうです。
このディスクで忘れてはいけないのは、70年代のヒット曲を見事に現代にアップデートしたクリエイター陣の存在。
同時に、この楽曲を難なく自分のものにしてしまう安室奈美恵の表現力には目を見張るものがあります。

『NEW LOOK』と『WHAT A FEELING』のMVも見どころ満載で満足度の高いものになっています。
豪華クリエイター陣が制作したMVに映し出された安室奈美恵の新たな魅力に憑りつかれること間違いなしです。

この記事へのコメント

人気記事

最近の記事

スポンサーリンク


スポンサーリンク