【芸能】一度は行きたい 安室奈美恵が訪れる沖縄のパワースポット「久高島」

sponsored link







一度は行きたい 安室奈美恵が訪れる沖縄のパワースポット「久高島」


BF1BD11A-AD27-4C2F-B443-C37B34C57CC7.png
 先月16日に引退した平成の歌姫・安室奈美恵さん(41)。

安室奈美恵さんの引退を惜しむ“アムロス”ファンたちは聖地を求め、沖縄の宜野湾ビーチへと向かっているというが、安室自身が訪れる“本当の聖地”があるという。

■安室奈美恵さん関連記事:

【日本の歌姫】安室奈美恵 マネジメントオフィス -stella 88- 【namie amuro's office】

【芸能】山下智久こと山Pが語る 平成最後のレジェンド 安室奈美恵との共演の裏側

「沖縄でコンサートがあるたびに島に来てるよ。定期便じゃない、チャーター便で小人数で来るの。大人数で来たらバレるでしょ。小さな女の子でね、普通だよ。今回は来てないけど、引退して落ち着いたら来るのかな」と答えたのは久高島の島民。


88EBAC00-456D-43A9-9F0B-CDFD14FD6B31.jpeg

sponsored link







■語り継がれる安室奈美恵のファンへの神対応


安室さんが訪れていることは周知の事実で、安室さんは快くサインにも応じていたという。
飲食店には安室さんのサインが飾られ、以前は店で撮影した写真も飾られていた。
安室さんのサインには2010年11月とある。
引用の16日にフールーで一日限りのCM放送.jpeg

sponsored link







安室奈美恵さんのデビュー当初、沖縄を離れ東京で一旗揚げようとした一時期は沖縄へ里帰りもしなかった安室さんだが、ここ十数年ほどは機会があると島を訪れていたという。

■一度は行きたい久高島って、どんなとこ?


久高島は沖縄本島南部、南城市の沖合5キロに浮かぶ周囲約8キロの島です。
アマミキヨが天から舞い降り、国造りを始めたという琉球の聖地です。
自然のビーチが何カ所もあり、それぞれに特別な意味を持つところがたくさんあります。

sponsored link







それゆえ 遊泳が禁止されていたり、浜の石ひとつでも持ち出し禁止となったりしていることがたくさんあります。
数多くの綺麗な海を堪能できるが、立ち入り禁止の場所も多く特別な島なので配慮を忘れずに。

安室奈美恵も訪れたという久高島の美しい海



sponsored link







 沖縄本島から高速船で15分ほどの久高島は、琉球王国の祖神・アマミキヨが降り立ったとされる沖縄の中でも究極の“神の島”。

中でも「フボー御嶽」は地元民も立ち入り禁止。年に1度祭礼の時だけ女性のユタ(霊媒師)が入れるという“超厳戒スピリチュアルエリア”で、皇太子妃雅子さまもお忍びでこの御嶽を訪れ、子宝祈願をしたといわれている。そこへ安室さんもお忍びでやってくるというのである。

 御嶽の入り口はうっそうとしたジャングル状態で写真を撮ることもはばかられる。奥へ進むとサークル状にぽっかり芝生が広がる異空間になっているという。「御嶽の中は入れないからね、たぶん(安室さんも)入り口でお参りしてるんじゃないかな」と別の島民は語る。

 以前交際していた田村淳(44)とアメリカのネイティブアメリカンの聖地セドナを訪れたこともある安室さんなら、さもありなんというところだが、沖縄県民の中でもここにやってくる人は特別だそう。
2018年9月16日に引退する安室奈美恵さん.jpeg

sponsored link







「特別大きな悩みがある人が行くところさぁ。沖縄の人は、親が死んだらユタのところに行って言い残したことがないか聞く。親不孝してる人は後ろめたいから行かないね。沖縄は先祖崇拝だから、御嶽は自分の悩みが深い人が行くことが多いかな。中でも久高島は特別だね」(年配のある沖縄県民)

 小室ファミリーの申し子といわれた安室さんは01年から小室の元を離れ、自身で作詞を手掛けてR&Bを中心とした独自の世界観を確立していった。アーティストとしての方向性を模索する中、ブレずにここまできたのはこのパワースポットのおかげだったのかもしれない。

引用: 安室奈美恵が訪れる沖縄のパワースポット「久高島」って?

この記事へのコメント