安室奈美恵 アムラー眉メイクで振り返る!平成31年間に流行った年代別眉メイク!

安室奈美恵 アムラー眉メイクで振り返る!平成31年間に流行った年代別眉メイク!
FB2506AF-D2B8-4BE6-B5A0-77505691A23B.jpeg
安室奈美恵・滝川秀明・小室哲哉が引退した「平成」。そして「令和」という、またひとつの時代が始まった。平成の31年間で、メイクやファッションの流行・トレンドも様々に移り変わってきた。
小室哲哉が結成する小室ファミリーも25年ほど前のことで、当時はダンスユニットグループTRFや安室奈美恵、華原朋美、HITOMI、globe、鈴木あみ、観月ありさ ら で、踊って歌うも、この頃から流行った時代。

pr







安室奈美恵のアムラー眉メイクから流行った年代別眉メイクがこれら。

■1989年~90年代前半

「極太直線バブル眉」


バブル時代の伝説のディスコ『ジュリアナ東京』では、体のラインを強調するセクシーなボディコンに身を包み、お立ち台で"ジュリ扇"を振りながら踊る女性の姿が印象的でした。バブル期に流行ったヘアは、とさか前髪やワンレン、ソバージュヘア。眉メイクは自眉を最大限に活かした極太で濃さがある直線眉がトレンド。太く濃い眉は強さの象徴。まさにこの時代のエネルギッシュな女性を体現するような眉。

■1990年代中盤

安室奈美恵が人気に火をつけた「極細眉」

1990年代中盤にはギャル文化が生まれ、渋谷ではルーズソックスや「チョベリバ」といったギャル語も人気に。

そしてこの頃カリスマ的な人気となったのが歌手の安室奈美恵。

安室奈美恵のヘアメイクやファッションを真似る女性はアムラーと呼ばれ、アムラーは1996年の『ユーキャン新語・流行語大賞』のトップテンに入賞しました。

そのときに人気を集めたファッションは、サテンシャツやミニスカート、厚底ブーツなど。

眉メイクはまるでペンで一本線を描いたような超極細が大流行。

■2000年代前半

浜崎あゆみ風「淡ブラウンのへの字眉」

ガングロギャルブームが落ち着き、この頃多くの女性が憧れたミューズ的存在だったのが歌手の浜崎あゆみ。

明るい髪色の華やかな巻き髪ヘア、目をパッチリ大きく見せるアイメイクが人気に。

眉メイクは明るい髪色に合わせるように、キャメルブラウンの淡色への字眉が支持される傾向にありました。

この頃から、浜崎あゆみ風のヘアメイクやファッションを真似た肌を焼かない"白ギャル"が登場。

髪をしっかり巻いた華やかなヘアスタイルを楽しむ女性が増えてきました。

■2000年代中盤

目指せエビちゃん!「明るめ上昇眉」

2000年代中盤は女性誌『CanCam』で当時モデルを務めていた"エビちゃん"こと蛯原友里や、"もえちゃん"こと押切もえが人気を集めた時代。

きれいめワンピースに華やかカラーのカーディガンを羽織るような"お姉さん系コンサバファッション"に身を包む女性が多く見られました。

メイクはデカ目に見せるためにアイメイクを盛りまくる"アイメイク至上主義"時代。

アイラインやアイシャドウを目のふちを囲むように入れる"囲み目メイク"が人気に。

アイメイクを目立たせるように、眉メイクは色を抑えた明るいブラウン。

エビちゃんのようなやや細めで角度のある上昇眉が支持されていました。

時代の変化と共にファッション・眉メイクの方法やトレンドが変わった。

この記事へのコメント

人気記事

最近の記事

スポンサーリンク


スポンサーリンク