民駐とは?自宅の空いてるスペースで収入を得よう!

民駐とは?自宅の空いてるスペースで収入を得よう!



201809141310501520.jpg

今回のキーワードは「民駐」



2021年もコロナウィルスが世界中に広がり、めっきり海外観光客が激減してしまい、宿泊施設や民泊には空き状況が続く昨今。

そんな今、感染防止として公共交通機関を使用せずに自家用車で移動する人たちも増えていますよね。
そのような状況が続くと、自動車を保有していない人たちはレンタカーやカーシェアリングを利用して観光やショッピングに出かけるケースも出てきています。

その反面、駐車場不足やカーシェリングの保管場所不足の課題が発生してきています。

そこで民間の方々が私有地を駐車場として貸し出す「民駐」が人気急上昇!
一般の駐車場よりも格安で提供してくれるの使用者にも大変うれしいサービスです。

20210323_233606.GIF

まったくお金がかからず空きスペースでお小遣い稼ぎ


空き駐車場をWEBで時間貸し初期費用無料!コストも0円!「民駐サービス」




しかし、私有地を駐車場として貸し出すと何か手間が増えるのでは?

◆まず私有地を駐車場として土地活用するメリットとは!?


一般的には、土地の有効活用として駐車場経営は、高い流動性・転用性で柔軟な土地活用が可能になること。
土地の形状に合わせて、駐車場レイアウトを作成するため、他の土地活用では、運用が難しい変形地や狭小地なども、対応できる可能性があります。
また、流動性・転用性の高さもメリットの1つです。建物を建築しない分、施設設備の撤去が容易なため、土地の売却や他の土地活用への転用が速やかに行えます。

また、投資リスクの低さ・安定した収益性が駐車場経営の最大のメリット。
投資リスクの低さと安定した収益性です。アパート・マンション経営の不動産経営と異なり、駐車場経営は少ない初期費用で始められるため、投資リスクを低く抑えることが可能です。

なんと言っても、駐車場経営は不労所得になる! 不動産投資には色々な種類がありますが、その中でも比較的低リスクで始められるのが駐車場経営です。


・・・だけど、初期投資はかけたくない。手続きが難しそう。。。

初期投資不要。簡単手続きで駐車場経営が簡単に!「民駐サービス」







次に、土地活用 駐車場経営のデメリット
まず、収益性の低さです。駐車場経営のデメリットは、アパート・マンション経営に比べ、建物を建てない分、少額投資で開始できるものの、収益性が低くなることです。ただし、アパート・マンション経営は、建築の費用負担が大きいばかりでなく、空室による収入の減少や、老朽化した際の修繕など、将来かかる費用も考慮する必要があります。要は不動産経営では管理費がかかってしまいます。その点、駐車場経営は管理費が少なく済みます。

その点についても、必要な時に必要なスペースで貸し出せるという「民駐サービス」。

今の自宅の無駄に広い庭や駐車スペースなどをうまく活用して、定年後の年金対策・安定収入に。

空き時間だけを貸し出せるというのも利点!是非、登録して不労収入を得てみては?
お出かけ中に空いた駐車場を貸して副収入!「特P」



この記事へのコメント